英紙がコラム掲載「五輪中止する時が来た」「止まらない暴走列車だ」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

国立競技場
Photo By スポニチ

 英紙タイムズが「五輪を中止にする時が来た」というコラムを3日に掲載した。

 東京在住のアジア担当編集者リチャード・ロイド・パリー氏が「東京で行われる感染爆発イベントは日本だけでなく世界へのリスクが大きすぎる」と持論を展開した。新型コロナウイルスの懸念が収まらない状況で開催に突き進む理由をばく大な投資にあるとし「金と権力が“五輪は何が起きても先に進まなければならない”と言うだろう。止まらない暴走列車だ」と指摘。

 「五輪が行われれば人々は病に侵されるだろう。命を落とす者もいる。それは誰も支払うべき代償ではない」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月4日のニュース