笹生、ベスト69で4位浮上「ショットも良かったしパットも入った」

[ 2020年11月29日 05:30 ]

女子ゴルフツアー選手権リコー杯   第3日 ( 2020年11月28日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

1番、ティーショットを放つ笹生優花(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 “新世紀世代”で今季2勝を挙げている笹生が6バーディー、3ボギーとこの日のベスト69で回って首位と3打差の4位に浮上した。各選手を悩ませた強風のなかのプレーは「セーフティーというか風を読んでうまく利用できれば」と冷静に対処。

 15番ではチップインバーディーを決め「ショットも良かったしパットも入った」と満足顔だ。初のメジャー制覇が懸かる最終ラウンドへ向けて「いつも通り楽しんで」と気負いはなかった。

 ▼5位・蛭田みな美 いいパットもあったが18番のボギーが悔しい。パー5の攻め方でうまくマネジメントできた。(4バーディー、2ボギーの70)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月29日のニュース