渋野、風に対応できず6位後退…「まだ分からないので諦めない」

[ 2020年11月29日 05:30 ]

女子ゴルフツアー選手権リコー杯   第3日 ( 2020年11月28日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

13番、アプローチショットを放つ渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 渋野は風に対応しきれず、首位の原に5打差の6位に後退。4番で第1打を左に曲げてボギーを叩くなどショットが安定しなかった。「風とお友達になれないというか、流されてラフに行くことも多くて」と苦笑い。

 それでも5位に入った前週から好調を維持しているのは確か。「苦労した一年。前半戦とかシーズン前のことを考えると、この位置で戦えていることが奇跡でもおかしくない。残り18ホール、まだ分からないので諦めない」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月29日のニュース