桃子、メジャー45度目の正直“追い風” 荒天味方に首位と2打差3位「タイトルを獲りたい」

[ 2020年11月29日 05:30 ]

女子ゴルフツアー選手権リコー杯   第3日 ( 2020年11月28日    宮崎県 宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

7番、笑顔を見せる上田桃子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ベテランの上田桃子が3バーディー、1ボギーの70と踏ん張り、首位と2打差の3位で最終日に臨む。穏やかだった予選とは一転して強い風が吹き付ける中、「面白くなるなと。耐えれば順位は上がると思っていた」と荒天を味方につけた。

 支えになったのは強風のなかで6位と健闘した8月の全英女子オープンでの経験。左に小さく曲がるドローボールを持ち球にする34歳は、左からの風に対して「絶対に右に出さない」練習を大会前に繰り返し、その成果を示した。16番パー3では左に打ち出した第1打を横風に乗せてピンそば50センチにぴたり。「全英の経験が生きた」と充実した表情をのぞかせた。賞金女王にも輝いた実力者もメジャーは未勝利。「タイトルを獲りたい。勝ちたいと思えている」と力を込める。45度目のメジャー挑戦。確実に追い風が吹いている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月29日のニュース