ブロンコスのQB4人が全員感染リスト入り 29日のセインツ戦はRBがQB? 前代未聞の緊急事態

[ 2020年11月29日 09:52 ]

感染が判明したブロンコスのQBドリスケル(左)と濃厚接触者となったリピン(中央)、ロック(右)の両QB(AP)
Photo By AP

 コロラド州デンバーを本拠にしているNFLブロンコス(4勝6敗)で出場登録枠に入っていたドリュー・ロック(24)とマーク・リピン(24)のQB2人が新型コロナウイルスの「感染リスト」に登録され、29日にデンバーで行われるセインツ(8勝2敗)との試合に出場できなくなった。スポーツ専門局のESPNが“緊急電”として報じているもので、併せて練習チームに登録されていたQBブレイク・ボートルズ(28)もリスト入りした。

 3人とも、26日に検査で陽性反応を示したQBジェフ・ドリスケル(27)と会話を交わしているときにマスクを外していたことが確認され、濃厚接触者と認定された。これでブロンコスに所属しているQB4人はついに全員がリスト入り。これを受けてビック・ファンジオ監督(62)はRBロイス・フリーマン(24)をセインツ戦でQBのポジジョンでプレーさせることを示唆している。

 ブロンコスの練習チームにはウェイクフォレスト大時代にQB経験がある新人WRのケンドール・ヒントン(23)がいるが、ともに高校時代にQBだったLBのボン・ミラー(31=2016年スーパーボウルMVP)と、新人WRのジェリー・ジュディー(21=ドラフト全体15番目指名)もセインツ戦でQBとしてプレーする意志を表明。4人のQBが感染リスト入りしたブロンコスは、過去に経験したことのない“超難問”と向かい合っている。

 コロラド州では10月中旬から感染者が増加に転じ、今月13日に過去最多の6499人の感染が判明。20日には6031人、27日には4889人の感染が明らかになり、ここ1週間の陽性率は10・8%と高い数値を示している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月29日のニュース