三原舞依、願い込めた「ヒーロー」 NHK杯エキシビション

[ 2020年11月29日 19:01 ]

フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯エキシビション ( 2020年11月29日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

エキシビションで演技する三原舞依(代表撮影) 
Photo By 代表撮影

 2季ぶりにGPシリーズの舞台に帰ってきた三原舞依(シスメックス)は赤いドレスを身にまとい、マライア・キャリーの「ヒーロー」を華麗に演じた。

 「笑顔になっていただけるような演技ができたら」と願いを込め、力強いジャンプや繊細なステップワークで魅了した。昨季は体調不良で休養。カムバックを果たした三原の演技に、観客席から大きな拍手がわき起こった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月29日のニュース