一二三vs丸山 12月に男子66キロ級“代表決定”ワンマッチ開催へ

[ 2020年9月24日 05:30 ]

柔道男子66キロ級五輪代表を争う阿部一二三(左)と丸山城志郎
Photo By スポニチ

 国際柔道連盟(IJF)は22日、12月11~13日に東京・代々木競技場で開催を予定していたグランドスラム(GS)東京大会の中止を発表した。IJFは新型コロナウイルスの感染状況を考慮しての判断で、来夏の東京五輪へより慎重な対応を要するためと強調。全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長は「予想はできていたこと。しっかり対応していく」と語った。

 全柔連は同大会が最終選考会だった男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)と丸山城志郎(ミキハウス)による東京五輪代表選考については同時期に開催することを改めて発表。また今回の中止が講道館杯(10月31日、11月1日、千葉ポートアリーナ)の開催には影響しないことも強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月24日のニュース