“新世紀世代”笹生、医療従事者を支援 昭和大病院へ252万円を寄付

[ 2020年9月24日 05:30 ]

昭和大学病院の相良院長(右)に目録を手渡す笹生(中央)(城南信用金庫提供)
Photo By 提供写真

 女子プロゴルフで今季すでにツアー2勝をマークしている“新世紀世代”の笹生優花(19=ICTSI)が23日、東京都品川区の昭和大病院を訪れ、医療従事者支援のため252万1332円を寄付した。

 笹生にとっては、弟が生まれた病院という縁があり、8月のチャリティートーナメントで獲得した全額を城南信用金庫を通じて寄付。同信金関係者によると、笹生は「お役に立つことができれば。今後も支援活動を行っていきたい」と話していたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月24日のニュース