翔猿、攻めの姿勢で2敗対決制す「逃げずにどんどん攻めていこうと思った」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

大相撲 秋場所11日目 ( 2020年9月23日    両国国技館 )

阿武咲(右)を叩き込みで破る翔猿(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 翔猿が阿武咲との2敗対決を制した。喉輪で上体を起こされながらもこらえ、はたき込みで退けた。「逃げずにどんどん攻めていこうと思った」。

 8日目の佐田の海戦は蹴返しで墓穴を掘ったが、この日は足を飛ばしたところで「途中でやめた」。新入幕の11日目終了時のトップは16年九州場所の石浦以来。12日目の若隆景との2敗対決も「意識しないで、思い切りいくだけ」と迷いはない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月24日のニュース