貴景勝&正代 ともにトップ死守「集中して」「悔いの残らないように」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

大相撲 秋場所11日目 ( 2020年9月23日    両国国技館 )

宝富士(奥)を押し出しで下すも、右腕がけいれんした貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 貴景勝と正代の上位陣2人もしっかりトップを守った。土俵際で倒れ込みながら宝富士を押し出した貴景勝は四つんばいになって立ち上がろうとした瞬間、右腕がけいれん。しばらく立ち上がれなかったが、「大丈夫です。日常茶飯事」と強調。12日目へ「集中してやりたい」と言葉に力を込めた。

 一方、正代は元大関・高安をいなして料理。緊張感高まる中、「悔いの残らないように千秋楽までいければ」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月24日のニュース