【荒磯親方 真眼】技術力高い若隆景 翔猿戦に求められる“基本”

[ 2020年9月24日 05:30 ]

大相撲 秋場所11日目 ( 2020年9月23日    両国国技館 )

千代大龍(右)を押し出しで破った若隆景(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 千代大龍を破った若隆景は、右のおっつけというより、はずで持っていきました。大きい相手に腕ごと持っていこうとすると筋力の差が出ますが、脇の下に手を入れると相手は半端ない脱力感に見舞われ、何もできなくなります。私も突き押しや差してくる相手にははず押しを意識していました。肘をおっつけようとしたことは一度もなく、はず押しの延長線上がおっつけでした。

 体重が40キロ以上重い千代大龍をグルッと回らせてしまうのは考えられないことで、技術力の高さは相当です。新入幕の場所でケガをして十両に落ちましたが、ケガの功名というか、そこで一皮むけた感じです。照ノ富士と同じように技術力がアップして戻ってきました。

 12日目は翔猿との2敗対決です。翔猿は動き回って阿武咲の良さを消し、30%か40%くらいの力しか出させませんでした。そういううるさい相手と対戦するときこそ、基本に忠実であることが求められます。(元横綱・稀勢の里)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月24日のニュース