若隆景 2敗対決に完勝しトップ並走「一番一番、自分の相撲を取るだけ」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

大相撲秋場所9日目 ( 2020年9月21日    両国国技館 )

高安(手前)を送り出しで破る若隆景(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 平幕・若隆景が元大関・高安との2敗対決に完勝した。立ち合いでしっかり当たってすぐに右へ動き、強烈なおっつけで相手を浮かせて一気に走った。背中を向けさせるほど圧を強めて送り出し。「下から攻められたのが良かった。(おっつけは)狙い通りというか、下から攻めた結果がつながった」とうなずいた。トップに並ぶ展開にも「全く(意識)ない。一番一番、自分の相撲を取るだけです」と集中していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月22日のニュース