スタンレー杯決勝第2戦でライトニングが雪辱 スターズを3―2で下して1勝1敗

[ 2020年9月22日 14:20 ]

スターズのセギンをチェックするライトニングのクチェロフとシャッテンカーク(AP)
Photo By AP

 北米プロ・アイスホッケーリーグ(NHL)の王座を決めるスタンレー杯決勝は21日、一カ所開催となっているカナダ・アルバータ州のエドモントンで第2戦を行い、ホーム扱いとなっている東地区のライトニングが西地区を勝ち抜いたスターズを3―2で下して1勝1敗。19日の第1戦では1―4で敗れていたが、この日は第1ピリオドにパワープレーからの2ゴールを含む3ゴールを入れてそのまま逃げ切った。

 ライトニングは5季ぶり3度目のスタンレー杯決勝進出でシリーズを制覇すれば16季ぶりの王座獲得。スターズはミネソタ・ノーススターズ時代を含めて20季ぶり5度目の進出で、21季ぶりの王座を狙っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月22日のニュース