正代 取り直しの一番で関脇対決制す “先輩”として「負けたくない気持ちあった」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

大相撲秋場所9日目 ( 2020年9月21日    両国国技館 )

大栄翔(手前)を突き落としで破る正代(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 正代が、大栄翔との関脇対決を制して2敗を守った。相手の突き押しに後退した土俵際、右足一本で残した一番は同体で取り直し。「もう一番、チャンスをもらえた」と気を取り直して臨むと、再度押し込まれたが差した左を引き抜きながら突き落とした。

 「関脇としては自分の方が先輩。年齢も離れてないし、負けたくない気持ちはあった」。新関脇の大栄翔にキャリアの違いも見せつけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月22日のニュース