天然の小祝が“らしさ”発揮 メジャーでも好発進

[ 2020年9月10日 14:22 ]

女子ゴルフツアー 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日 ( 2020年9月10日    岡山県 JFE瀬戸内海ゴルフクラブ=6640ヤード、パー72 )

<日本女子プロゴルフ>初日、11番でティーショットを放つ小祝さくら=JFE瀬戸内海GC(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 今季の上々のスタートを切った小祝さくら(22=ニトリ)が相変わらずの天然ぶりを見せた。

 ボギーなしで4バーディーを奪い、68をマークし、午前スタート組では首位に2打差。前週のゴルフ5レディースで優勝した後、日本女子プロ選手権への意気込みを問われ「メジャーなので頑張りたい」と珍しく意気込みを示していた。その通りの好発進となったことを問われると、「あっ、忘れていて、今思い出しました。明日からまた頑張りたいです」と思わず苦笑いを浮かべた。ほんわかした雰囲気で周囲を和ませる道産子娘は初日も健在だった。

 午前スタート組では8番ホールでホールインワンを達成したイ・ミニョン(28=韓国)が6アンダーで首位に立っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース