松岡修造氏 心身充実、なおみらしいテニスで“優勝まっしぐら”

[ 2020年9月10日 06:00 ]

テニス全米オープン第9日 ( 2020年9月8日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

ブレークを奪い、ガッツポーズする大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 【松岡修造の目】女子シングルス準々決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)が、過去0勝3敗と苦手としてきた同93位のシェルビー・ロジャース(27=米国)に6―3、6―4で快勝した。試合時間1時間20分で、優勝した18年以来2年ぶりの4強入り。

 “優勝まっしぐら、なおみ”というテニスだった。凡ミスは8本しかなく、いつも以上に姿勢を低くして丁寧にプレーしていた。第1サーブ成功率47%は相当低い。本来60~70%は欲しいが、この数字でストレート勝ちできるのは強い証拠。1週目(4回戦まで)はあまり見られなかったクロスに打つ速くて角度のあるショットも増えた。自信がないと打てないだけに、心身の充実を感じる。走りながらのフォアや、ドロップショットに対する処理も本当に良い。

 ツアー中断期間にパワー、持久力が向上し、フットワークも良くなった。試合が続けば改善が難しい部分で、十分に時間がある中で一つ一つの動きや技術を丁寧に見直した成果が出ている。あとはメンタルだけ。準々決勝までは我慢しなくても勝てたが、準決勝、決勝では自分の思い通りに試合を運べない時も出てくる。そこで、どう踏ん張るか。ミスが出だした時に無理に打ちにいかずにじっくり我慢できれば、優勝の可能性は極めて高い。(スポーツキャスター)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース