早田ひな“打倒男子”に闘志「どこまで通用するか楽しみ」 ドリームマッチ会見

[ 2020年9月10日 14:18 ]

早田ひな(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 卓球Tリーグは10日、オンラインで記者会見を行い、14日にリモート試合として開催される「オールスター・ドリームマッチ」の出場選手が意気込みを語った。

 今年3月のカタール・オープン以来、約半年ぶりの試合に臨む張本智和(17=木下グループ)は「勝ち負けよりも楽しむことを大事にしたい。バックハンドが得意なので、そういうプレーができたら良いと思う」と話した。

 ドリームマッチは日本代表選手が男女に分かれてシングルスで対戦するなど、独自の試合形式で行われる。女子の日本代表選抜として男子選手と対戦する早田ひな(20=日本生命)は「私のフォアドライブがどこまで通用するのか楽しみ」と“打倒男子”に闘志を燃やしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース