大坂なおみ、コーチからパワポで戦略提示「明確なプラン助かる」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

テニス全米オープン第9日 ( 2020年9月8日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

ブレークを奪い、ガッツポーズする大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス準々決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)が、過去0勝3敗と苦手としてきた同93位のシェルビー・ロジャース(27=米国)に6―3、6―4で快勝した。試合時間1時間20分で、優勝した18年以来2年ぶりの4強入り。

《大坂に聞く》
 ――動きが良かった。

 「もっと試合をすれば、より状態は良くなる。試合をすることでしか出せない動きがある。(試合のない)9日もジムに行く。継続が鍵になる」

 ――フィセッテ・コーチからの具体的な戦略は。

 「パワーポイント(発表資料作成ソフト)を使い、明確なゲームプランを提供してくれるので助かる。真ん中に打つだけでは相手に反撃の引き金を引かせてしまうので、ボールを散らすようにした」

 ――準決勝で対戦するブレイディとは過去1勝1敗。

 「ショットが多彩で素晴らしい選手。タフな試合になるが、ベストを尽くしたい」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース