渋野 復調気配「この2週間でプラス思考な部分も戻ってきた 楽しみな気持ち」

[ 2020年9月10日 06:30 ]

開幕前日会見でリラックスした様子の渋野

 10日に開幕する米女子ゴルフツアーの今季第2戦、ANAインスピレーション(カリフォルニア州のミッションヒルズCC)に出場する渋野日向子(21=サントリー)が9日(日本時間10日未明)にオンラインで会見し、「この2週間でだいぶプラス思考な部分も戻ってきた。調子も戻りつつはあると思うので、楽しみな気持ちはあるかな」と抱負を述べた。

 8月中旬に行われたAIG全英女子オープン後は、米国へ移動。試合のなかった2週間は、ゴルフ場にこもって練習漬けの日々を送っていたいう。「ちょっとずつショットのキレやスイングが取り戻せてきている。自分の思った球を打てる回数が増えてきた。ちょっとだけ全英よりはマシかなと思います」と明るい表情で話した。

 会場となるミッションヒルズGCでは7日に18ホール、8、9日とハーフをラウンド。長さにムラがあるラフなどには「難しい」と漏らすが、それでもリンクスだった英国での2戦との比較では「個人的には好きな方かなと思います。とりあえずアンダーが出せるように頑張りたいなって思ってます」と前向きに話す。連日、現地は40度超えの猛暑に見舞われており「1日で1週間分の汗がこの間出ましたね、47度ぐらいの時はびっくりしました」と苦笑い。氷のうを持参し、塩分の入ったお菓子などを口にするなど熱中症対策にも余念がない。

 連覇の懸かった全英女子オープンと比べても「気持ち的には楽な感じで臨めるのかなと思う」ときっぱり。大会の目標を問われると「あまり自分に期待はしたくないので、大きな目標はまだ立てれてないですけど。予選通過できるように頑張りたいと思います」と控え目ながらも、終始リラックスした表情をのぞかせていた。

 予選ラウンドは昨年の全米女子プロ選手権を制したハンナ・グリーン(オーストラリア)と同組で、第1ラウンドは日本時間11日午前0時36分にスタートする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース