”飛んで曲がらない”1Wが更に進化して新登場

[ 2020年9月10日 18:18 ]

「SIM グローレ」を手にするテーラーメイドゴルフのマーク・シェルドン-アレン代表取締役社長
Photo By スポニチ

 テーラーメイドゴルフはこのほど、都内で「新製品発表会」を行った。

 注目は“やさしさは飛びやすさ”がコンセプトである「GLOIRE(グローレ)」シリーズの最新作となる「SIM(シム) グローレ」だ。新たなヘッドデザインで空気抵抗を低減し、ヘッドスピード向上によるボール初速アップでさらなる飛距離性能を獲得した「SIM」シリーズの技術を惜しげもなく応用。「誰が打っても上がる、つかまる」、「どこに当たっても曲がらず、飛ぶ」1Wが登場した。

 ルール上限を超えるまで反発性能を高めてから、ルール範囲まで引き戻す「スピードインジェクション」は、従来シリーズではフェース面下部2か所に搭載されていたが、ヘッドトゥ側の1か所のみに配置変更。既存の「貫通型スピードポケット」に加えて、高い反発性能が特徴の「ZATEC チタンフェース」を全面に採用したことで、高初速を発揮するスイートエリアが前作の1.5倍に拡大された。もちろん、ミスの傾向に合わせてフェースをねじる「ツイストフェース」も搭載されており、さらに“飛んで曲がらない”クラブが完成した。

 来月9日からの発売で84000円(税別)。同シリーズFW、レスキュー、アイアンも同日より発売される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース