渋野 ANAインスピレーションはまず予選通過を 「ちょっとだけ全英よりはましかなと」

[ 2020年9月10日 06:30 ]

リモート会見で笑顔を見せる渋野日向子

  女子ゴルフの海外メジャー第2戦、ANAインスピレーションは10日(日本時間同日深夜)、米国カリフォルニア州のミッションヒルズCCで開幕する。9日にオンラインでの会見に臨んだ渋野日向子(21=サントリー)は笑みを浮かべながら、リラックスした様子で質問に応じた。

 ――ランチョミラージュは暑いですか?
 「暑いです、すっごい」

 ――今大会までの試合のなかった2週間の過ごし方を教えてください。
「ほぼゴルフ場にこもって練習していました。18ホールをラウンドする中で、しっかりピンを狙っていく。その中で、しっかり振れるようにいう気持ちの問題というか。そういうのを気をつけながら」 

 ――米国での生活はどうですか。
 「自炊しながらマネージャーさんが作ってくれたり、自分も手伝ったりしながらで日本食が多かったんですけど。その中でもハンバーガー食べたりとか、食事に関しては満喫できてるのかな」

 ――米国本土で臨む初めてのメジャーです。
 「(AIG全英女子オープン予選落ちから)2週間経って、気持ちも楽になってきて。プラス思考な部分も戻ってきた。調子も戻りつつはあると思うので、ちょっと楽しみな気持ちはあるのかなと思います」

 ――どのような目標設定をしていますか?
 「大きな目標はまだ立てられてないですけど。まだ今季予選通過ができていないので、通過できるように頑張りたいと思います」

 ――今季、予選通過していないことに関してどう受け止めてるかを教えてください。
 「良いときもあれば悪いときもある。予選落ちした瞬間はショックですけど、何日か経てば気持ちを切り替えて、また次に向かって頑張れる。この悔しさを二度と味合わないように、毎日毎日練習するしかないなと思っています」

 ――気温は連日40度超えですが、渋野プロにとってこの暑さは?
 「いや、初めての経験ですね。1日で1週間分の汗が、この間に出ましたね(笑い)47度ぐらいの時はびっくりしましたね。もう、びっしょびっしょでした」

 ――暑さへの対策は?
 「氷のうは持参して、ずっと持っている状態にしていて。あとは塩分補給は大切だと思うので、飴を食べながらとか。塩分の入ったお菓子を食べたりとかは気をつけていました」

 ――プレッシャーを感じることは?
 「特に前回の全英に比べたら気持ち的には楽な感じで臨めるのかな。とりあえず、熱中症にはならず体調には気をつけて回れたらと思います」

 ――今のコンディションはどうですか。
 「2週間練習してきてちょっとずつショットとかスイングのキレを取り戻せている。自分の思った球が打てたりする回数は増えているので、ちょっとだけ全英よりはましかなと思います」

 ――英国のリンクスとは異なるコースです。こういうコースは好きですか?
 「個人的には、好きな方かな」

 ――目標スコアを教えてください。
 「アンダーが出せるように頑張りたいです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース