ブレイディ快進撃4強 次戦対戦の大坂なおみを警戒「サーブも強いし、ショットも強烈」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

テニス全米オープン第9日 ( 2020年9月8日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

ジェニファー・ブレイディ(AP)
Photo By AP

 快進撃のジェニファー・ブレイディ(25=米国)が4強に入った。世界ランク41位で4大大会でのこれまでの最高成績は17年の全豪、全米での16強だったが、攻撃的なプレーで全てストレート勝ち。この日は初の準々決勝に不安を抱えながらも「1回戦のつもりで戦った」と勢いを持続した。

 準決勝で対戦する大坂とは過去1勝1敗。「彼女は4大大会を勝っている。サーブも強いし、強烈なショットをベースラインに放ってくる」とパワーを警戒していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月10日のニュース