女子セブンズ・リオ主将の中村 東京五輪後に第一線退く「一つの区切りと考えている」

[ 2020年9月9日 05:30 ]

オンライン取材に応じる中村知春

 埼玉県熊谷市で合宿中の7人制ラグビー女子日本代表、中村知春(ナナイロプリズム福岡)がオンライン取材に応じ、東京五輪後に第一線を退く可能性を示唆した。

 16年リオ五輪で主将を務めた32歳は「(競技生活の)目的が女子ラグビーの価値を上げること。やり切って終わりたい。(東京五輪が)一つの区切りとは考えている」と明かした。代表は8月から合宿を再開したが、中村自身は今回が初参加で「活動できなかった分、ボールを回す楽しみを改めて感じている」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月9日のニュース