松島幸太朗は右内転筋の軽い損傷…次戦メンバー入りの可能性も

[ 2020年9月9日 20:02 ]

松島幸太朗
Photo By スポニチ

 ラグビーのフランス1部リーグ、クレルモンは9日、公式戦デビューとなった6日のトゥールーズ戦で負傷交代したFB松島幸太朗(27)について、右内転筋の軽い損傷が判明したと発表した。15番で先発出場した松島は、前半4分ごろに約35メートルの突破で好機を演出するなど、随所で持ち味を発揮。試合後に本人も「ケガするまでは完璧」と語るなど、上々のパフォーマンスを発揮していた。

 チームの次戦は12日(日本時間13日1時15分開始)のバイヨンヌ戦で、今季初のアウェー戦となる。同日、公式ウェブサイトに掲載された記事では「アゼマ監督はケガ人の状況をギリギリまで見極めて、メンバーを構成する」としており、松島の回復具合によっては、2戦連続メンバー入りの可能性も出てきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月9日のニュース