照ノ富士 2場所連続Vへ意欲「どれだけ動ける筋肉にするかを意識している」

[ 2020年9月9日 05:30 ]

土俵の外で立ち合いの確認をする照ノ富士(右)
Photo By 提供写真

 大相撲秋場所(13日初日、両国国技館)に向けて東前頭筆頭・照ノ富士(28=伊勢ケ浜部屋)が8日、報道陣の電話取材に応じ「できることをとりあえずやっている。あとは本場所に全力ぶつけていくだけ」と意欲をのぞかせた。

 この日は東京都江東区の同部屋で、照強や宝富士ら関取衆と11番取って調整した。2場所連続優勝を目指してトレーニングも継続しており「筋肉は上半身は戻ったので、今はその戻した筋肉をどれだけ動ける筋肉にするかということを意識している」と話した。

 全盛期のパワーに戻りつつある中、三役復帰は目前。本場所まで1週間を切り「追い込み過ぎると落ちる。バランスよくやることが大事」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月9日のニュース