宇野昌磨 今季はプログラム継続「2年目でより良くなってきた」

[ 2020年8月26日 16:40 ]

宇野昌磨
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(22=トヨタ自動車)が26日、自身の公式サイトを更新。今季のプログラムを発表し、昨季のショートプログラム「グレート・スピリット」(シェイリーン・ボーン振付)、フリー「ダンシング・オン・マイ・オウン」(デヴィッド・ウィルソン振付)を継続して演じることが決まった。以下は宇野が添えたメッセージ全文。

 「大変な時期が続く中、もうすぐ僕も試合に向けて練習の本拠点であるスイスへと渡ります。今シーズンいろいろと考えた結果、昨年と同じプログラムで戦っていこうと決めました。ステファンとも離れて練習していたこともあり、新しいプログラムに着手することが困難でありましたが、今のプログラムが2年目でより良くなってきたことも理由の一つです。日本では主にステップに力を入れていき、とても充実した練習ができたので一切の不安はありません。また皆さまの前で演技できることを楽しみに、これからも頑張っていきます」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース