クリッパーズが5季ぶりの1回戦突破に王手 歴代3位の154点を挙げてマーベリクスに圧勝

[ 2020年8月26日 12:58 ]

35得点をマークしたクリッパーズのジョージ(AP)
Photo By AP

 NBAは25日、フロリダ州オーランドでプレーオフ1回戦の2試合を行い、西地区全体2位のクリッパーズは154―111(前半76―52)で7位のマーベリクスを退けて3勝2敗。5季ぶりの1回戦突破に王手をかけた。

 延長で敗れた第4戦で9得点と精彩を欠いたポール・ジョージ(30)が35得点を挙げれば、カワイ・レナード(29)も32得点をマーク。合計得点と前半の76点、さらに3点シュートの成功本数(22)はプレーオフでのチーム最多記録。154点はプレーオフのリーグ歴代3位のハイスコアで、最大45点差をつけて圧勝した。

 第4戦で43得点、17リバウンド、13アシストでトリプルダブルを達成し、延長で3点シュートによるブザービーターを決めたマーベリクスのルカ・ドンチッチ(21)は第3Qまでの出場で22得点、8リバウンド、4アシスト。リック・カーライル監督(60)は第3Q、リプレー検証の際に審判に文句を言って退場処分となった。

 西地区全体3位のナゲッツは117―107(前半54―63)で、6位のジャズを下して2勝3敗。ガードのジャマール・マーリー(23)が後半での33得点を含む42得点を挙げれば、センターのニコラ・ヨキッチ(25)は3点シュートを11本中7本成功(自己最多)させ、31得点をマークして崖っ縁で踏ん張った。マーリーは第4戦の50得点を含め、ここ2戦で92得点を記録。ヨキッチは第1Qに放った5本の3点シュートをすべて成功させた。

 ジャズはドノバン・ミッチェル(23)が30得点を稼ぎ、チームの3点シュートの成功率は47・1%(34本中16本)に達したが、土壇場でマーリーを抑え込むことができなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース