大坂なおみ 8強入り 第1サーブ成功率アップ 因縁のバイン氏との“対決”制す

[ 2020年8月26日 05:49 ]

ウェスタン・アンド・サザン・オープン第4日 ( 2020年8月25日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

8強に進出した大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス3回戦で、世界ランキング10位で第4シードの大坂なおみ(22=日清食品)が同25位のダヤナ・ヤストレムスカ(20=ウクライナ)を6―3、6―1で勝利し、8強入りした。試合時間は1時間10分。

 大坂は第1セット第4ゲームで先にブレークに成功するなど8度ブレークポイントを握り、4度ブレークに成功。逆に5度ブレークポイントを握られながら、1ゲームも落とさなかった。サービスエースは8本。第1サーブ成功率は53・6%で、2回戦の47%から精度を上げた。

 相手のコーチは、2年前の全米で大坂を初優勝へ導いたサーシャ・バイン氏で、因縁の相手を退けた。準々決勝では世界20位のアネット・コンタベイト(24=エストニア)と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース