大坂、無観客は「変な感じ」も…試合中は「コートの外のことは気にならなかった」

[ 2020年8月26日 05:30 ]

テニスウエスタン・アンド・サザン・オープン第3日 ( 2020年8月24日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

試合は無観客で行われた(AP)
Photo By AP

 女子シングルス2回戦で、世界ランキング10位で第4シードの大坂なおみ(22=日清食品)が同26位のカロリナ・ムホバ(24=チェコ)に6―7、6―4、6―2で逆転勝ちした。約半年ぶりの公式戦で、精神的に成長した姿を披露して初戦を突破。3回戦では同25位のダヤナ・ヤストレムスカ(20=ウクライナ)と対戦する。

 【大坂に聞く】
 ――久々の試合でもいいプレーをした。
 「ツアーの中断中は一生懸命トレーニングを積んできた。プレーできることに感謝するようになった。この試合でも多くのことを学ぶことができた」

 ――無観客試合の感想は?
 「やはり変な感じになった。大きなコートや観客席のファンが好きだから。でも試合を始めると、コートの外のことは気にならなかった」

 ――ミス少なかった。
 「ミスをしないようにという意識はなかった。とにかく積極的にということだけで、だから自分も結果には驚いている。1セット目は思った以上に相手に走らされた」

 ――今大会を終えると、2年ぶりの優勝の懸かる全米オープンが待っている。
 「今は全米のことは考えていない。この大会に集中しているし、ここで勝つだけ」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース