今季の最優秀守備選手はバックスのアデトクンボ シーズンMVPとの2冠は史上5人目

[ 2020年8月26日 10:22 ]

最優秀ディフェンス賞を受賞したバックスのG・アデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAの今季の最優秀ディフェンス賞にバックスのパワーフォワード、ヤニス・アデトクンボ(25)が選出された。同選手は昨季にシーズンMVPに輝いており、この部門での2冠を達成したのはマイケル・ジョーダン(ブルズ)、アキーム・オラジュワン(ロケッツ)、デビッド・ロビンソン(スパーズ)、ケビン・ガーネット(ティンバーウルブス&セルティクス)に続いて史上5人目となった。アデトクンボは2季連続のシーズンMVPも濃厚で、同一シーズンでの2冠ならばジョーダンとオラジュワンに次いで史上3人目となる。

 アデトクンボは今季63試合に出場してリーグ5位の29・5得点をマークしており、13・6リバウンドは2位。ブロックショット(1・05)は26位、スティール(0・97)は73位という成績を残していた。

 100人による投票(3人連記)では75人から1位票を集めて432点(1位5点+2位3点+3位1点の得点合計)を獲得。次点はレイカーズのアンソニー・デービス(27=1位票14&200点)、3位は過去2年連続で受賞していたジャズのルディ―・ゴベア(28=1位票6&187点)だった。

 NBAの公式データ解析会社「セカンド・スペクトラム」によれば、守備機会が550回以上あった137人の中で、アデトクンボがマッチアップした相手選手のフィールドゴール成功率(36・3%)は同社が調査を開始した2013年以降で最少の数値。今季2番目に低かったのはデービスで38・9%、ゴベアは40・4%だった。

 バックスは今季56勝17敗で東地区全体の1位。現在、プレーオフ1回戦でマジックと対戦中で、26日の第5戦に勝てば2季連続の地区準決勝進出が確定する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース