セリーナ 2時間48分死闘…12年以降で自身最長、苦しみつつ初戦突破

[ 2020年8月26日 05:30 ]

テニス ウエスタン・アンド・サザン・オープン第3日 ( 2020年8月24日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

初戦を突破したセリーナ・ウィリアムズ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス2回戦、セリーナ・ウィリアムズが苦しみながら初戦を突破した。左利きの相手に押されてフルセットにもつれこみ、2度のタイブレークを制する際どい展開。2時間48分の試合時間は12年以降で自身最長となった。

 無観客の中で自身を鼓舞するように「カモン!」と声を上げた第3シードは「頭の中に観衆がいた」。上位シード2人が初戦で姿を消しており、第4シードの大坂とともに優勝争いを引っ張る存在となりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース