ジョコビッチ、復帰初戦は辛勝…首痛で試合中2度マッサージ

[ 2020年8月26日 05:30 ]

テニス ウエスタン・アンド・サザン・オープン第3日 ( 2020年8月24日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

試合中、トレーナーから首の治療を受けるジョコビッチ(AP)
Photo By AP

 男子シングルス2回戦で、第1シードのジョコビッチが半年ぶりのツアー初戦を苦しみながらも白星で飾った。首に痛みを抱えて前日のダブルスを棄権し、この日も試合中に2度にわたってトレーナーのマッサージを受けながら勝利。7度のダブルフォールトを記録するなど本調子ではなかったものの「状態は徐々に良くなっている。求めているところには達していないが、正しい方向に向かっている」と息をついた。

 6月に自ら主催した大会で新型コロナウイルス感染者が続出。自身も陽性反応が出たことを公表した。各方面から批判を受けたが、今月13日には自身の公式サイトで31日開幕の全米オープン出場を表明。「再び戦えることに興奮している」とコメントしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月26日のニュース