石川祐希 コロナ感染予防ガイドブック作成「僕にできることの一つ」伊での経験踏まえ

[ 2020年8月4日 14:10 ]

バレーボール全日本男子の石川祐希
Photo By スポニチ

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、オンラインで記者会見し、選手に向けた新型コロナウイルス感染予防のガイドブックを作成したと発表した。感染が急拡大したイタリアでの経験を踏まえて自ら企画。「選手が感染予防を発信することも僕にできることの一つだと思った」と話した。

 ガイドブックには神戸大医学部付属病院の監修の下、石川が実践している手洗いの仕方など選手目線の予防策を試合人数にちなんで6つ掲載している。特にバレーボール選手は無意識に靴裏を手で触ってしまうクセを指摘し「僕はサーブ前に足裏を拭くのがルーティンだった。それをしないように改善している。難しいところはあるが選手自身が一番感染予防を徹底しないといけない」と語っていた。

 ガイドブックやワークシートは特設サイトからダウンロードできる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月4日のニュース