有森さん慎重、為末さん楽観… 東京五輪開催可否に持論

[ 2020年8月4日 05:30 ]

ローレウスのアンバサダーに就任した有森裕子氏
Photo By 提供写真

 陸上の女子マラソンで五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんと、男子400メートル障害で日本記録を持つ為末大さんが3日、開催可否が割れる来夏の東京五輪への持論を語った。

 「(世界が)健全、健康に回ってこないと、その姿は思い浮かばない」と慎重な有森さんに対し、為末さんは「私は、やっちゃおうよ、という感じ。(開催の)前提をクリアするのは(世界にとって)大事なこと」と話した。2人はスポーツを通じた社会貢献活動に取り組む「ローレウス」のアンバサダーに就任し、同日行われた発表会で発言した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月4日のニュース