AJPC2020開催概要発表 3密避け安全に配慮、状況によっては中止も

[ 2020年7月30日 15:05 ]

「AJPC2020」ポスター
Photo By 提供写真

 国内最強のポーカープレーヤーを決める日本最大級のポーカーイベント「全日本ポーカー選手権(AJPC)2020」(主催・スポーツニッポン新聞社ほか)の開催概要が、このほど発表された。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から今年の開催について、中止も含め慎重に検討されたが「緊急事態宣言の解除および政府の経済復興政策等を考慮し、AJPC2020を開催することを決定いたしました」と、AJPC代表取締役社長の佐々木康裕氏は本年度の開催が決定したことを報告した。

 今年度の開催概要について佐々木社長は「開催会場や日程を分散し、3密を避ける運営とレギュレーションを心掛けました」と話すように、注目のメイントーナメントは昨年、大阪・大商大で国内外から1万人を超すプレーヤーが参加して行われたが、今年は全国64カ所のポーカーゲームが楽しめるアソシエイトクラブで「DAY―1」「DAY―2」を開催する。

 その後、「DAY―3」、「DAY―4」を特別協賛社のサミー本社(東京・大崎)で開催し、国内最強のプレーヤーを決定する。

 なお、DAY―1の出場チケットの獲得方法については後日発表されるほか、レディース、シニア、ジュニアの各トーナメント、その他の詳細については決まり次第、HPおよびSNS等で配信される予定だ。

 最後に、佐々木社長は「本年の大会は政府の動向や皆様の安全を考慮した上で、スケジュールの変更はもちろん、状況によっては中止もありえることをご理解くださいますようよろしくお願いいたします」と、ファンに対して大会開催への理解を求めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月30日のニュース