【荒磯親方 真眼】大栄翔 1発目の爆発力 立ち合いで勝負あり

[ 2020年7月30日 05:30 ]

大相撲7月場所11日目 ( 2020年7月29日    両国国技館 )

<大相撲7月場所11日目>白鵬(左)を押し出しで破る大栄翔(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 今場所の白鵬は下半身が安定していて、全くぶれずに腰も下りていました。張り差しを使いながら勝機を見いだしてきたこの数場所とは打って変わって、最初の当たりを受ける強さもありました。この日は今場所初めて、バタバタしました。それをつくり上げた大栄翔はあっぱれです。

 大栄翔には1発目の爆発力があり、当たる瞬間に100の力を出せるようになってきました。当て感が良く、それができるようになったことで上位でも通用するようになりました。白鵬が立て直して2本入れてこようとしたときに、反応よく左からのいなしが出たのも、立ち合いでうまく当たれているから。突き押し相撲は、それで流れが良くなります。立ち合いありき。立ち合いで崩したことが勝因です。

 10日目までは盤石な横綱が逃げ切ってしまうだろうと見ていましたが、これで分からなくなりました。朝乃山も安定感があります。番付は朝乃山が西で貴景勝が東ですが、白鵬と朝乃山が突っ走って、千秋楽の一騎打ちになることを期待しています。 (元横綱・稀勢の里)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月30日のニュース