朝乃山 前日初黒星から切り替え完勝 2度目の賜杯へ「全然意識していない」

[ 2020年7月30日 05:30 ]

大相撲7月場所11日目 ( 2020年7月29日    両国国技館 )

<大相撲7月場所11日目>輝(左)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 朝乃山が連敗を阻止して再びトップに並んだ。

 輝に攻撃の隙を与えず、もろ差しで料理。息を吹き返した新大関は「昨日負けて悔しかった。日付が変わって切り替えて、しっかり相撲を取り切ろうとした」。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)から「気持ちを切り替えて前に出ろ」と助言もあった。白鵬に土がつき、1敗で照ノ富士と3人で並ぶ。2度目の賜杯へ「全然意識していない。まだ通過点」と集中した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月30日のニュース