ウィザーズ八村 サンズとの再開初戦へ自信「慣れてきてビジョンが広がった」

[ 2020年7月30日 05:32 ]

ウィザーズの八村塁(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月11日(日本時間12日)から中断していたNBAは30日(同31日)にシーズンが再開する。ウィザーズは31日(同8月1日)の再開初戦でサンズと対戦。攻撃の軸として期待される八村塁(22)が29日(同30日)の練習後にオンライン取材に応じ「NBAのスペーシングに慣れてきて、ビジョンが広がった。シュートセレクション、どこでファウルをもらうかなど、余裕を持ってできるようになった」と自信を見せた。

 チームは東地区でプレーオフ進出圏の8位まで5・5ゲーム差の9位。4ゲーム差以内に詰めれば、プレーオフ進出決定戦に出場できる。シーズン再開に向けた練習試合3戦で、八村は1試合平均17・3得点、7・3リバウンドを記録。3戦全敗と白星を挙げられなかったが「コミュニケーションに少し問題があったが、練習を通して今は信頼関係ができている。3試合戦ったことが金曜日の試合(サンズ戦)に生かされると思う。楽しみ」と不安はない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月30日のニュース