朝乃山、照ノ富士が1敗並走 白鵬が連敗 3敗に御嶽海、正代、琴恵光

[ 2020年7月30日 17:58 ]

<7月場所12日目>北勝富士(左)をすくい投げで破る朝乃山(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 4カ月ぶりの本場所となった大相撲7月場所は30日、東京・両国国技館で12日目の取組が行われ、45度目の優勝を狙う横綱・白鵬は御嶽海に突き落としで敗れ、前日に続き2敗目を喫した。

 新大関の朝乃山は北勝富士をすくい投げで、幕尻で元大関の照ノ富士は玉鷲を押し出しともに1敗を守った。

 前日の11日目に勝ち越しを決めカド番を脱出した貴景勝は左膝負傷で休場し、大栄翔が不戦勝となった。

 12日目を終えて1敗は朝乃山、照ノ富士。2敗は白鵬、3敗は御嶽海、正代、琴恵光となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月30日のニュース