車いすバスケ 4戦全敗で3位も…カナダ戦で前半リードに収穫「勝負できる時間帯があった」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

車いすバスケットボール女子 国際親善大会最終日 ( 2020年2月16日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

<日本・カナダ>シュートを放つ北田
Photo By スポニチ

 日本はカナダに53―63で敗れ、4戦全敗の3位で大会を終えた。前半を27―23で折り返したが、第3クオーターに26失点と失速して逆転を許した。カナダが4戦全勝で優勝し、2勝2敗の英国が2位だった。

 日本は今大会初めてリードを奪って前半を終えたが、圧力を強めたカナダに逆転負け。それでも10得点の北田は相手エースへの厳しい守備と切り替えの早い攻撃がはまった前半を「成長と収穫」と振り返った。

 18年世界選手権に出場できなかった日本に対して、カナダは5位で英国も準優勝だった。格上に全敗も「チームが一つになって戦えば勝負できる時間帯があることは自信になった」と東京パラリンピックを見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月17日のニュース