英莉花 通算4アンダー25位に「収穫」 ISPSハンダ女子豪OP

[ 2020年2月17日 05:30 ]

 米女子ゴルフのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは16日、アデレードのロイヤルアデレードGC(6689ヤード、パー73)で最終ラウンドが行われ、31位から出た原英莉花(21=日本通運)は73で回り通算4アンダーの25位だった。75と落とした上原彩子(36=モスバーガー)は通算イーブンの55位。首位から74で回ったリオ五輪金メダリスト朴仁妃(パクインビ)(31=韓国)が通算14アンダー、278で2季ぶりに優勝し、賞金19万5000ドル(約2145万円)を獲得。ツアー通算20勝に到達した。

 一時は7アンダーまで伸ばした原だが、15、16番でアプローチミスで3つ落とすなど失速した。それでも17番パー5で2オンしてバーディーを奪い、「(この日の)イーブンにできたのは良かった」と安堵(あんど)の表情。強風のなかで4日間戦い抜いたことは収穫で「2日間(ツアー20勝の)カー選手と回って、メリハリなどが参考になった。(国内ツアー開幕が)楽しみですね」と目を輝かせていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月17日のニュース