瀬戸 100平も優勝 前日の200自由形に続き、またも専門外V 

[ 2020年2月17日 05:30 ]

競泳 コナミオープン最終日 ( 2020年2月16日    東京辰巳国際水泳場 )

男子100メートル平泳ぎで優勝した瀬戸(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子100メートル平泳ぎで瀬戸は「最後の15メートルは詰まった」と言いながらも前日の200メートル自由形に続き、専門外の種目で優勝した。

 1月の北島杯後に右肩痛を発症して思うような練習が積めていないが「肩は問題ありません。練習量が減ってヤバいと思うことで、また頑張れる。いい息抜き」と前向きだ。五輪では競泳日本代表の主将を務めることが決定済み。2位になった佐藤について「若い選手が出てくればチームに勢いが出る」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月17日のニュース