羽生結弦、20年の誓いは「限界の5歩先へ!」表彰式でビデオメッセージ

[ 2020年1月10日 18:49 ]

<ビッグスポーツ賞>特別賞を受賞し、ビデオメッセージで思いを語るフィギュアスケート・羽生(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 19年に活躍したスポーツ選手や団体を表彰する「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式が10日、都内で行われ、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)がスポーツ放送特別賞を受賞した。

 この日の表彰式は欠席したものの、ビデオメッセージで登場。「こんにちは、羽生結弦です。いつも応援ありがとうございます。今シーズンはグランプリシリーズで2勝し、久しぶりにグランプリファイナルにも健康な状態で出場することができました。グランプリファイナルでは悔しい思いもしましたが、その悔しさをバネにさらに頑張っていきたいと思います」

 羽生の19年は世界選手権で銀メダル、オータム・クラシック、スケートカナダ、NHK杯を制し、GPファイナルと全日本選手権は2位だった。

 20年は2月の四大陸選手権(韓国)、3月の世界選手権(カナダ)での好演技を目指す。「今年は“限界の5歩先へ!”という誓いを立てました。つらいことがあったり、苦しい部分も増えてきました。それでも限界に挑んで、それを超えるだけじゃなくて、さらにもっともっと先にいきたいと思っています。これからも頑張ります。応援よろしくお願いします」とメッセージを締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月10日のニュース