紀平 米合宿へ出発「ジャンプ強化」目指す

[ 2020年1月10日 05:30 ]

今年はジャンプ強化を目指す紀平
Photo By 共同

 フィギュアスケート女子で昨年12月の全日本選手権を初制覇した紀平梨花(関大KFSC)が9日、米国合宿への出発前に大阪空港で取材に応じ「昨年よりもいい年だったなと思えるような年にしたい」と笑顔を交えて抱負を述べた。

 今回はコロラドスプリングズで約20日間、鍛錬を積む予定で「高地なので体力強化につながる。一番仕上がった状態に持っていけたら」と狙いを説明した。3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)へ向け4回転ジャンプもサルコー、トーループの練習に取り組む意向を示し「コロラドで最後の週くらいに、高難度のジャンプを跳べるようにしたい」と意欲的だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月10日のニュース