貴景勝 優勝へ気合の出稽古 大栄翔に8勝2敗

[ 2020年1月10日 05:30 ]

12日初日 大相撲初場所 ( 2020年1月9日 )

出稽古で大栄翔(左)と三番稽古を行った貴景勝                            
Photo By スポニチ

 大関・貴景勝(23)は9日、埼玉県草加市の追手風部屋に出稽古し、新小結・大栄翔と10番取り8勝2敗だった。持ち前の馬力で、立ち合いから真っすぐ押し切る場面や、相手の隙を狙ってもろ差しから寄り切る姿もあった。「悪くはない。痛めた左胸の影響もない。今回で(稽古は)最後なのでクタクタになるまでやって、ここから初日まで調整していく」。

 この日で稽古を打ち上げ、12日の初場所初日まではコンディション調整に努める。「優勝しか次の番付は見えてこない。実力はまだまだだが、そういう気持ちでやる」と気合たっぷりに話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月10日のニュース