女子7人制ラグビー福岡新ヘッドコーチに桑水流が就任 リオ五輪男子代表主将

[ 2020年1月10日 05:30 ]

女子7人制ラグビー「ナナイロプリズム福岡」のヘッドコーチ就任が決まった桑水流
Photo By スポニチ

ラグビー7人制女子の新チーム「ナナイロプリズム福岡」は9日、16年リオ五輪の男子日本代表主将を務めた桑水流裕策(コカ・コーラ、写真)がヘッドコーチ(HC)に就任すると発表した。現役選手のまま務める。

 34歳の桑水流は東京五輪の7人制男子日本代表の2次候補に名を連ねている。プリズム福岡にはリオ五輪女子日本代表の主将で、東京五輪を目指す中村知春がゼネラルマネジャー(GM)兼任の選手で所属している。桑水流は「(チームの)プロジェクトに共感し、今後のキャリアにとって大きなチャンスだと考え引き受けた」などとコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月10日のニュース