セインツのQBブリーズが最多TDパス記録を樹立 コルツ戦で4TD

[ 2019年12月17日 15:27 ]

パスによる通算TDで新記録を樹立したセインツのQBブリーズ(AP)
Photo By AP

 NFLは16日にニューオーリンズで第15週の残り1試合を行い、地元のセインツが34―7(前半20―0)でコルツを下して11勝3敗。通算273試合目を迎えたQBドリュー・ブリーズ(40)は30回中29回のパスを通して307ヤードと4TDを獲得してチームを勝利に導いた。

 ブリーズの通算TDパスは541となり、ペイトン・マニング(元コルツほか)が保持していたNFL記録(539=出場266試合)を2つ更新。歴代3位のトム・ブレイディー(42=ペイトリオッツ)には「3差」をつけた。ブリーズはすでに通算パス獲得(7万6884ヤード)と通算パス成功(6821回)も歴代1位。記録を次々に書き換える現役生活が続いている。

 なおNFCではセインツのほか、パッカーズ、シーホークス、49ersを含めた4チームが11勝3敗。残り2試合となった段階で第1シード争いが激化している。

 AFC南地区3位のコルツは4連敗で6勝8敗。この日の敗戦でプレーオフ進出への可能性が消滅した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月17日のニュース