モーグル・堀島「常に頂点」種目別Vへ貪欲

[ 2019年12月17日 05:30 ]

羽田空港に帰国し、W杯で獲得したメダルを見せる男子モーグルの堀島
Photo By 共同

 中国の張家口・太舞で14日に行われたフリースタイルスキーW杯モーグル第2戦で今季初優勝した男子の堀島行真(中京大)が羽田空港に帰国し「今季こそ種目別優勝するために常に頂点を目指し、今後も優勝を重ねていきたい」と貪欲に語った。

 今季はターンで頭を動かさず、肩のラインも平行に保つなど細かい技術を見直して臨んだ。安定性が増して種目別8連覇中のキングズベリー(カナダ)と競り合い、開幕3戦連続で表彰台に立った。「ここまでは順調。気持ちは疲れるが(種目別優勝争いを)最後までもつれ込ませたい」と決意を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月17日のニュース