北海道では「ばんえい競馬」で聖火リレー

[ 2019年12月17日 14:45 ]

 東京五輪組織委員会は17日、聖火リレーの詳細ルートを発表した。北海道には47都道府県の38番目で6月14日に聖火が届き、2日間で18市町20ルートを巡る。

 帯広市のルートには「ばんえい競馬」を実施する帯広競馬場が入った。競馬場のコース外を出発し、コース内へとリレー。最終走者は、毎週末に開催される競馬のレースと同じように大型馬が引く鉄ソリに騎手とともに乗り込み、二つの坂を越えてゴールを目指す予定となっている。

 ばんえい振興室の佐藤徹也室長(58)は「話が来た時は大変驚いたが、光栄なこと。最高のPRチャンスだと思う」と語った。リーディングを走る阿部武臣騎手(47)も「世界に一つしかない競馬場だからね」と喜びいっぱい。「もし騎手に選ばれれば、なかなか経験できないこと」とひのき舞台を想像した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月17日のニュース