デトロイトで八村に悪夢 前半残り25秒に股間を強打? ウィザーズは連敗を4で阻止

[ 2019年12月17日 11:35 ]

左手でレイアップを決めるウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 ウィザーズの八村塁(21)が16日、敵地デトロイト(ミシガン州)で行われたピストンズ戦で股間を強打。前半で7得点と2リバウンドを挙げたものの、後半は出場しなかった。

 悪夢の瞬間となったのは前半終了間際の残り25秒。ピストンズのラングストン・ギャロウェイ(28)が外した右コーナーからの3点シュートを、ピストンズのフォワード、クリスチャン・ウッド(24)とウィザーズのイサック・ボンガ(20)、さらに八村の3人で争う形となった。ボールをキープできなかった八村はバランスを崩しながら右足で先に着地。そのあとうずくまって左足のつま先を手で押さえて苦悶の表情を浮かべた。映像を見る限り、ボンガの右足が八村の股間に当たった可能性があるが、ケガに至った詳細は不明。八村はアイゼイア・トーマス(30)に手を借りて立ち上がり、このあとのオフェンスでは左のコーナーに立ったが、両手を膝に置いて下をうつむいたままだった。後半開始前にはチーム側が「GROIN CONTUSION(鼠径部の挫傷)」と発表。デビュー25戦目で初めてケガによる“リタイア”となった。

 八村はW杯中国大会では順位決定戦から膝の不調と疲労を訴えて欠場。NBAでデビューしてからはここまで25戦連続で先発していたものの、中1日で迎える18日のブルズ戦出場は微妙となった。

 11月(13試合)の平均出場時間は24・8分だったが、故障者続出のチーム事情もあって12月(7試合)では今季の新人選手としては最長の36・9分にまで急増。その中で八村は懸命に踏ん張っていたが、ピストンズ戦でついに体が“悲鳴”をあげる結果となってしまった。

 ウィザーズは大黒柱のガード、ジョン・ウォール(29)がアキレス腱断裂で今季の出場は絶望的。先発センターのトーマス・ブライアント(22)も右脚に疲労骨折の症状があるために戦列を離脱中。その穴をここまでルーキーの八村が埋めてきたが、クリスマスを目前に控えて思わぬアクシデントに見舞われた。

 この日の八村は第1Qの2分3秒、ブラドリー・ビール(26)が外したジャンプシュートを押し込んで初得点。オフェンス・リバウンドも1つ記録した。その21秒後には、左サイドからジャンプシュートも成功。5分57秒には右のベースライン際からドライブを仕掛け、ダブルクラッチから左手でレイアップを決めた。相手の反則で得たフリースローも沈めて3点プレーが成立。第1Qは9分17秒のプレータイムで放ったFG3本をすべて決めていた。

 試合は八村を欠きながらもウィザーズが後半で粘って133―119(前半65―61)でピストンズを下して8勝17敗。ビールが35得点と10アシスト、脚の故障から6試合ぶりに復帰したトーマスが23得点と6アシスト、ダビス・バターンズ(27)も17得点を挙げて連敗を4で阻止した。チームの3点シュートは33本中18本成功(成功率54・5%)。シュートの精度の違いが勝敗を分けた。

 センターのアンドレ・ドラモンド(26)とフォワードのブレイク・グリフィン(30)を故障で欠くピストンズは11勝16敗。ベンチから出たガードのデリック・ローズ(30)が22得点、6リバウンド、8アシストを稼いだが勝利を逃した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月17日のニュース